フォークリフトの二種類の免許の違いを知ろう!

2種類の異なる免許とは?

フォークリフトの免許には、「フォークリフト運転技能講習」「フォークリフト運転特別教育」の二種類があるのをご存知ですか?簡単に言うと、「フォークリフト運転技能講習」は、あらゆる車種の運転ができるのに対して、「フォークリフト運転特別教育」は、最大荷重1トン未満の車種だけを運転できるところに、両者の違いがあるんです。当然のことながら、いろいろな車種が運転できる「フォークリフト運転技能講習」のほうが、免許を取るのに時間もお金もかかるようになっています。

フォークリフト運転技能講習について

フォークリフト運転技能講習は、18歳以上の人なら、だれでも受講することができます。技能講習と特別教育があり、両者を受講した後に行われる修了試験に合格すると、見事にライセンスが交付されることになります。技能講習と言うと、なんだか難しそうに聞こえますが、車の運転免許を持っていない人でも、教官の言うことをよく聞いておけば、すぐに操作に慣れることができます。女性やお年寄りでも、すぐに上手にフォークリフトを操作できるようになるので、心配には及びません。

フォークリフト運転特別教育について

フォークリフト運転特別教育は、1トン未満の小型のフォークリフトを運転することができるライセンスです。こちらのほうにも、学科講習と技能講習とがありますが、修了試験は行なわれません。したがって、学科試験と技能講習を受けた人全員に、ライセンスが交付されることになります。その点で、フォークリフト運転技能講習よりも敷居が低いですよね。ちなみに、実技講習では、フォークリフトの走行について4時間、荷物の上げ下ろし方法について2時間の訓練を受けることになっています。これくらい練習しておけば、十分に操作に慣れることができるんですね。

フォークリフトの求人とは、フォークリフト免許を取得してる人が出来る仕事で、フォークリフトで荷物を持ち上げたり運んだり様々なシーンで活躍します。